スポンサーリンク

実際YouTubeの広告の費用と効果はどんなものか、二日間で検証してみた

動画

自称ゲームクリエイターのうわばみです。

タイトルの通り、YouTubeの広告の費用と効果を検証しました。

Twitterでも報告しましたが、検証に使用した動画は”あつ森実況の初回”

【あつ森】過激派環境活動家の島流し入門#1【あつまれ どうぶつの森】

この動画の広告を2日間、1日1000円の費用で出してみました。

結果をシンプルにまとめていきます。

広告の種類

YouTubeを普段から視聴している人はご存知の通り、YouTubeの広告には複数種類があります。

スキップ可能な広告であったり、スキップ不可能な広告であったり、サムネとタイトルだけが表示されるものであったりしますが、今回検証に使用したのはスキップ可能な広告であります。

なぜそうしたかと言うと、YouTubeStudioから直接広告を出したらなんかそうなったからなんですね。

本当はサムネとタイトルが表示されるアレをやりたかったんですがね。

しかし、検証しやすかったので、今回はこれで良かったかもしれんね。

最終的に広告にかかった費用

費用に関しては誤差があるので、結果的に2日間で2012円かかりました。

多少オーバーすることはあっても極端に費用をかける羽目になる、なんてことはないでしょう。

で、この2012円でどれだけ再生数が増えたか。

視聴回数

Google広告のアナリティクスを見てみると、

広告が表示された回数が1148回

そのうち、再生数としてカウントされたのが533回でした

どうやらスキップ可能な広告の場合スキップされてしまえば広告としては無効扱いとなり、視聴者が継続して30秒以上広告を見てようやく広告として成立する模様です。

広告の単価は1再生あたり約4円となりました。

そして、この広告の再生数はそのまま動画の再生数に反映されています。

あつ森実況の再生数は700回程度なんですが、このうちの533回は広告のおかげなんだぜ。素の再生数は200回未満、泣きそう。

そして、動画広告から私の動画の再生ページに移動して来てくれた人は僅か3人でした。

3人の優しき人、このコロナウイルス騒動が収まったら靴を舐めに行くのでTwitter等で住所を教えてください。待ってます。

ケツの穴を舐める方が良かったら別途連絡お願いします。その際は交通費をいただきます。

ただ、広告が表示された1148回のうち、533回は30秒以上動画を見た人がいたというのは少し嬉しかったですね。

全体の6%の人に至っては動画の最後の最後まで視聴していただきました。

流石に30分も広告をスキップし忘れるということはないと思うので楽しんで見ていただけたのでしょう。

どのような広告を流せば良いか

あつ森実況は元々広告用に作られた動画という訳ではないので、広告が再生されるということが直接的な利益になることはないのですが、実際動画広告を積極的に運用するとして、どのような広告にしたら良いかというのを少し考えてみました。

一番最初に思いついたのは自分が開発、運営しているサイトを宣伝するということです。

うわばみゲームズ|無料ゲーム

無料ゲーム|うわばみゲームズ

私にはひっそり開発したほぼ未完成の無料ゲームサイトがあるんですが、これを宣伝してみたらということを考えました。

ただ、先ほどのクリック数の少なさからすると、わざわざYouTubeを見ている人、それも大抵は動画が開始する前に流れる広告ですから、これから動画を見ようとしている人を他のWEBサイトに流入させるのは難しいような気がするんですよね。

その上、30秒間広告を再生してもらう必要もあるので、明らかにプロモ色の強い動画をスキップせずに見てもらえるかは微妙。

毛を抜け毛を抜け毛を抜け毛を抜け毛を抜け毛を抜け!

痩せろ痩せろ痩せろ痩せろ痩せろ痩せろ痩せろ痩せろ!

みたいな広告が流れたら即スキップしますもんね。

それともあえて即スキップさせることで支払う広告費用を安く済ませるということが出来るのでしょうか。

Tik Tokなんかは短い動画で絶望的にウザい仕上がりだったので、しかもなぜか有名になってしまう半ば炎上商法的なやり口ですよ。電通案件か?

そう思うと、なんだかんだTik Tok方式の宣伝というのは合理的なんでしょうか。

別にリンクをクリックしてもらい、YouTubeを視聴する層を直接流入する必要はない。とりあえずウザい広告として名前だけ知ってもらう。

不快なものの方がなぜか頭に残りやすいというのもありますから、広告というのはなるべく不快に仕上げた方がよろしいのでしょうかね。

社会人1年目のKENTYのことをいつまでも覚えてるもんな。誰がこんな脳の構造にしたんだ、おいら許せねえよ。

と、いろいろと考えてみました!

しかし、結論は出ませんでした!

でも天下のGoogleが運営する広告サービスなので何か最適解があるはずですね!

今後に期待です!

いかがでしたか?

今回はGoogle広告について色々と調べてみました!

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

いかがでしたかじゃねえよ、結論を出せ、さもなくばダンプカーに轢かれてしまえ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました