YUMENIKKI -DREAM DIARY- (ゆめにっき-ドリームダイアリー-)その1

スポンサーリンク

現在実況中のゲームゆめにっきの3Dリマスター作品であるYUMENIKKI -DREAM DIARY-。

このゲームは2月に発売していたのですが、やろう、やろう、と思っているうちに時間がどんどん経ち、結局このタイミングでの実況となりました。

プレイしてみた感想ですが、まだ序盤ながら、もう少し早くやればよかったと思いました。

それくらい楽しいです。

まず、最初に主人公の窓付きちゃんがコンビニから出てくるところから始まります。

そして、道なりに進むと赤い血溜まり、上から何かが落ちて来た音で目がさめる。

これはもしかしたらゆめにっき原作最後のアレなのかな?とか思ったりしました。

で、目が覚めた後は自室ですね。

ゲームが置いてあります。そうです。NASUです。あのNASUがsuperNASUとして蘇ったんですが、こっちのナスより元々のナスの方が好きです。

単に好みの問題というか、こっちのナスはごちゃごちゃして得意では無いというだけです。

流石にナス回にするのはきついので、ベットで寝て夢の世界へ。

とりあえず近くの扉をくぐる。

そっから先はなんやかんやありました。

普通にホラーゲームっぽい演出。ぽいというかもうホラーゲームなんでしょうけど。

原作はどちらかというとよくわかんない世界にぶち込まれる感じで、なんというか、ホラーという感じはしない、一部ホラーっぽい感じなんですが、こっちは序盤からホラーに謎解きでした。

ただのリメイクじゃなくて全く別方式のリマスターなので、また違う楽しみ方ができていいですね。

スポンサーリンク

面白いと思ったらSNSでのシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする