スポンサーリンク

動物の王を選定する運動会『野生動物運動会(WildAnimalSportsDay)』レビュー

ゲーム

奇怪な動物たちがスポーツに目覚める『野生動物運動会』を紹介していきます。

ちなみに、タイトルはWildAnimalSportsDayが原題。野生動物運動会というのはおそらくタイトルを機械的に翻訳したもの。どうでもいいね!

動画↓

カバの凶暴性を知らしめていけ『野生動物運動会(WildAnimalSportsDay)』

一応、設定としては、運動会によって野生動物界の王を選定するというものらしい。現王はワニ王で、ワニ王は王座を死守するために、動物たちが好成績を残そうとするのをあの手この手で妨害する模様。

クズ王と思う勿れ。ここはサバンナ、食うか食われるかの世界なのだ。むしろ食われないだけ感謝して欲しいくらいなのだ。

ちなみに、アフリカで最も人を殺している野生動物はカバらしいです。ワニ王(笑)

ゲームとしては至ってシンプル。8つの種目に挑戦し、総合的にスコアが高ければワニ王を玉座から引き摺り下ろすことができる。

種目は、スキー・テニス・ダーツ・体操・ハードル・棒高跳び・ダイビング・トランポリン

なぜこの8つなのかは謎ですが、これらの競技で高得点を目指します。

スキーでは旗が二本立っているポイントを通過したり、黄色い多面体に触れると特典。ワニは進行を妨害してくる。

他、テニスはワニが相手、ハードルはワニに触れると減点だったり、ダーツではダーツボードをワニが回転させ、体操では直接殺りに来ます

他はあまり妨害されている感覚がなかったです。

一番苦手なのがダイビングで、これは特典が入る基準がよくわからなかった。

調べたところによると、ただ水面に対して垂直に落ちるだけで得点がもらえるようです。なんやねんそれ。

逆に簡単なのは棒高跳びでした。ほとんど確実に100%をとることが出来ます。

しかし、結局8つの種目の合計点はワニ王の基準をクリアすることは出来ず、最後にワニ王による謎ダンスを見る羽目となりましたが

スポンサーリンク

見た目が奇怪な動物たちが謎基準のスポーツを繰り広げるバカゲーでした。

どうでもいいけど略称はWASDみたいですね。PCゲーの移動でよく使いそう。どうでもいいけど。

価格は520円。みんなも王を目指そう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました