スポンサーリンク

うわばみ農業高校、甲子園を目指す『私を甲子園につれてって』その5

前回

うわばみ農業高校、甲子園を目指す『私を甲子園につれてって』その4
前回 秋季大会第一回戦です。 先発は前回の試合でピッチャーとしての評価が上がり、本格的にピッチャーとして育成し始めた木原くん。まだ本格的にコンバートできてはいませんが、それでも一番信頼できるピッチャーです。 ...


意識してませんでしたが、まさかの新年1本目の動画が甲子園になるとは。

ちなみに12月31日からの動画は、30日のうちに自動で公開するようにしていました。ブログも同様です。

そして、現段階だと、まだ今年に入って実況動画の収録をしていないんですよね。

今回も撮り溜めたものとなります。

さて、前回の最後に次は練習メインになるといったな、あれは嘘だ。

秋季大会の二回戦がありました。

試合がどうなったかというと、コールド負けですね。

木原を酷使していたせいで体力がほぼないまま登板。一回くらいは抑えられるかと思ったものの、相手チームの打線が思いのほか重く、一回で三失点。

2回で体力がそれなりに余っている小島に変わり、2回を無失点で抑えるも、3回に4失点してしまう。ただ、その後の4回を無失点で抑え、5回に体力が有り余っている長野に交代。

しかし、その長野が3失点。なんでピッチャー適性のある奴はこうなるんや。

その後、6回を無失点に抑えるも、7回、再び4失点ツーアウトではあるが、ランナー1.2類のピンチを迎えます。

ここで、ピッチャー適性のない大谷に交代します。

しかし、安打で1失点、その上ホームランまで打たれるという散々な結果に。

打線も押さえ込まれてしまい、相手のエラーからの1点と、スクイズからの1点のみ逆転するには長打力が足りないチームだなあと思いました。

そして、ピッチャー適性がないはずなのに頑張った木原のすごさが改めてわかりました。

その後、次は負けないために、みんなで練習に励みました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました