スポンサーリンク

うわばみ農業高校、甲子園を目指す『私を甲子園につれてって』その4

ゲーム

前回

うわばみ農業高校、甲子園を目指す『私を甲子園につれてって』その3
前回 今回は練習オンリー 前回の夏の大会の予選で敗れたことにより、三年生の最後の大会が終わり、三年生は引退となりました。 割と功労者である村田も引退してしまいます。 で、オーダーを組み直さなくてはならない...

秋季大会第一回戦です。

先発は前回の試合でピッチャーとしての評価が上がり、本格的にピッチャーとして育成し始めた木原くん。まだ本格的にコンバートできてはいませんが、それでも一番信頼できるピッチャーです。

ちなみにこの時の私はコンバートの方法を知っていませんでした。

その木原、5回までは無失点でしたが、疲れからか6回で調子を落とし、降板。

本来エースである小島くんが登板します。

が、その小島くん、ランナーを背負っていたとはいえ、1回で2失点してしまいます。

その後の7回にも1点取られてしまい、あろうことか9回にも2点取られてしまう。

本当にヒヤヒヤした。やっぱりエースは木原くんなのだろうと思いました。

そして、野手陣はどうなのかと言うと、1回で押し出し、細山の二点タイムリーで三点を先制し、2回にも大谷の二点タイムリーで追加点。5回に角田の3点タイムリーのスリーベースヒットと、猛攻を見せました。

終盤でエラーこそあったものの、そのまま逃げ切り、8対5でうわばみ農業高校、初めての勝利となりました。

相手が弱かったとはいえ、勝ててよかったです。

大谷が思いの外よかったので、前回の試合で起用するべきだったなあと思いました。

あの時は控えとか動かしてなかったからね。

小島くんはもっと練習して。

次回は練習メインとなります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました