フィリップ内山田がバリケードで塞いだり、校門前を燃やしたり『スクールガールズシミュレーター』実況

スポンサーリンク

さて、こうしてスクールガールズシミュレーターの記事を書くのは少し久しぶりになります。

そもそもブログの更新自体わりと久しぶりです。

毎日更新していたあの頃が懐かしい(遠い目)

というわけで、直近の2回を振り返っていきます。

【スクシミュ】バリケードで自らスライダーを塞ぐまぬけ、フィリップ内山田『スクールガールズシミュレーター』実況#122 School Girls Simulator

この前の回でバリケードやウォータースライダーについて触れましたが、この回ではバリケードをがっつり。

バリケードは主人公の体型によって扱いが少し変わります。

主人公が小さいと、バリケードを持つのが縦向きになってしまい、思うように置けなくなってしまうようです。

なので、背の高いフィリップ内山田くんを作り、バリケードを使ってみる。

すると、持つときに横持ちになるので、かなり起きやすくなりました。

これをウォータースライダーの出口に置くことで塞ぐことができます。

塞いだまま滑ってしまうと、しっかりふさがっていれば出ることができなくなります。

中途半端にふさがっていると隙間から出てきたりします。

【スクシミュ】バリケードを使った効率の良い生徒の全滅方法『スクールガールズシミュレーター』実況#123 School Girls Simulator

春夏秋冬どの季節でも一番多いリクエストが生徒全滅系のリクエストです。

過去に何度も生徒全滅系の動画を撮ったんですが、それでもまあ、何度も何度もリクエストを受けるわけですよ。

というわけで、生徒全滅を効率化させました。

これで半自動になるので、多少はマシかなぁ?とか思っていたんですが、結局最後は手動だし、偶然か、それとも火を放ちすぎて処理が重くなったのか、画面がだいぶもっさりしたので、下手したら普通に倒した方が速かったかもしれません。

また今度全滅系の動画を撮って比較しようかな…。

でも似たような動画になるからできれば避けたいんですよね…。

スポンサーリンク

面白いと思ったらSNSでのシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする