スポンサーリンク

ゾンビ化した恋人に電話をかけた結果『スクールガールズシミュレーター』その36

ゲーム

前回

ゾンビ映画のフラグをへし折る『スクールガールズシミュレーター』その35
前回 帰ってきたラッセル下野。 ライフル回を終え、無事ラッセル下野の学生生活が再開して行きます。 少しだけ前に無人島へ行ったと思うのですが、どうやらそのときに取りこぼしがあったようです。 なんでも...


そういえば、ラッセル下野編が開始した時に、これからは回を追うごとに1日経過させるといった気がするが、完全にそんなことを忘れていて、今回、やっと三日目になりました。

これからも日付を進めるのを忘れるだろうと思うので、思い出したら進めるくらいにしておこうかな、と。

 

さて、今回もリクエストに応えていきます。

全員殺害系のリクエストが多い中、興味深いリクエストがありました。

それが、恋人がゾンビの状態で電話をかけてください、というもの。

確かに、どうなるのか気になります。

てな訳で、やってみることに。

 

しかし、上原まいなさんがなかなかいない。

見つからないし、読んでもきてくれないという。

仕方なく、ゾンビ退治やらなんやらしてました。

そういえば、安食さんって島根県に多い苗字なんですね。

読み方はあじきが多いのかな?

 

さて、上原まいなを見つけ出し、保健室の薬でゾンビになってもらいます。

勝手にどこかに行かれると面倒なので、先に地下室に監禁します。

そして、ゾンビ薬を注入。

なんか注入するときの動きがいつもよりスタイリッシュに見える。

多分相手がしゃがんでいるから。

で、ゾンビになったあとに地下室から出て電話をかけてみます。

すると

なんの反応もない。

 

今無理とか今から行くとかいう反応が何一つないです。

というわけで、恋人がゾンビになった時に連絡をすると反応が帰ってこなくなるということがわかりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました