スポンサーリンク

【最恐?】自分から突っ込めば怖くない『OUTLAST』実況#2

outlast実況第二回。

前回は最序盤ということもあり、襲いかかってくる的もいなかったので、まだ怖さはありませんでしたが、今回から襲いかかってくる敵が出てきます。

あまり逃げよう逃げようとすると、怖くて仕方がなくなるので、あえて自分から突っ込んでいき、死への恐怖を乗り越えるプレイスタイルを目指します。

前回は変なやつに豚呼ばわりされながら突き落とされ、謎の神父服に声を掛けられて終わりでしたが、今回から脱出を目指して探索が始まるわけです。

トイレの中の死体を撮影したり、謎の人影を目撃したりしながら探索を進めると、車椅子に乗った爺さんやら、砂嵐状態のテレビに見惚れる狂人たちを発見。

そいつらを相手にせず(してもらえない)先に進むと、キーカードを発見。来た道を引き返す。

すると、さっきまで何もしてこなかった車椅子の爺さんが豹変、突然襲いかかってくる、が、特にゲームオーバーにはならないのでよしとする。

手に入れたキーカードを使って部屋に入ると、モニターから神父服の男が。

あの野郎、電源落としやがった…。絶許。

電源を復旧させるため地下に向かう。地下でヤベーやつに追いかけられながらもなんとか復旧させました。意外と走って入ればゲームオーバーにならない。

というわけで、再び脱出を目指します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました