スポンサーリンク

『モンスターハンター:ワールド』公開生放送で判明したこと。個人的な感想。

2017年6月20日(火)モンスターハンター:ワールド公開生放送が配信されました。

『モンスターハンター:ワールド』スペシャル公開生放送

今回は実機でのプレイも行われました。

判明したこと

キャラクターが日本語で話す(その他言語にも対応)一応、日本語吹き替えという体らしく、いつものモンハン語にすることも可能。

導蟲(しるべむし)という蟲がガイドをしてくれる。(ペイントボールの代わりなど)

新モンスター ドスジャグラス(食いしん坊キャラ)、アンジャナフ。

モンスター同士が争う。映像ではアンジャナフがドスジャグラスを噛み付いて振り回したり、リオレウスがアンジャナフを掴んで落とす場面も。

狩りは地形、ステージギミック、モンスターの生態を利用するのが基本。リオレウスを水で流したり、ツタにモンスターを嵌めたり、しびれるガスを出すカエルを利用したり。

クエスト中も時間変化する。映像では昼から夜になっていました。

乗りは今回もあり。乗り攻撃は動きが細かくなった。暴れまわるモンスターの上を移動したり、乗っている最中に大剣の溜め切りも可能みたいです。

機関榴弾という機関銃のようなボウガンの弾がある。

リロード、回復などは移動しながらできる。

モンスターは疲れたら眠る、クリア後の剥ぎ取りや報酬など、従来のモンハンの根幹はそのまま。

スリンガーというメイン武器に関わらず利用可能な小型の武器がある。

オンラインプレイは途中参加可能だが、拠点に集まって最初から共闘も可能。

ロープはサポートアイテムのようなもので、ワイヤーアクションメインな訳ではない。

ボウガンはTPSのような操作ができる(打ちながら歩けるし、リロードしながら歩ける)

太刀の新アクション。

水中戦は無し。水中の移動はあり。

映像で出てきたマップ名は古代樹の森。それ以外のマップも存在している模様。

ダメージ数値は消せる。

オンラインは、PSplusに加入していればプレイすることができる。

チャットは、ボイスチャットとテキストチャット。

特殊なスキルを使える特殊装具というものがある。

 

個人的な感想

まず、映像が本当に綺麗。動きもすごいなめらか。今までのモンハンと全然違うんだけど、別ゲーになったわけではなく、しっかりモンハンしてました。

ボウガンの操作は本当に楽しそう。歩きながら機関榴弾ぶっ放したいです。

あと、受付嬢が普通に日本語喋っててびっくりしました。ちなみに、これまでのようなモンハン語がよければ設定でモンハン語にできるみたいですね。

オンラインはPSplusに加入していればプレイ可能らしいです。モンハン用に課金が必要という噂があったのはなんだったんでしょうね。ボイスチャットもあるようなので、一部恐るべき子供たちがモンハンワールドに参入してきてめちゃくちゃになりそう。

とりあえずモンハンワールドは『約束された神ゲー』である。間違いない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました