スポンサーリンク

賛否両論となっているモンスターハンターワールドのダメージ表示は必要か?

6月13日ソニーE3カンファレンスにてカプコンより発表されたモンスターハンターシリーズ最新作、『MONSTER HUNTER:WORLD(モンスターハンターワールド)』そのゲーム内のある仕様が賛否両論となっている。

その仕様というのが、モンスターに対してのダメージが可視化されるというもの(表示はオンオフ切り替えることが可能)。


従来のモンスターハンターではダメージの表示はなく、攻撃した時のエフェクト等でダメージ量を判断していため、『雰囲気が損なわれる』『モンハンらしく無い』といった意見が出ている。

しかし、反対の意見ばかりではなく、『新規がとっつきやすい』『武器の強化が目に見えてわかるから良い』との意見も。

個人的な意見

私の意見としては、オンオフ切り替えることが可能ならあっても良いんじゃ無いかと思います。これまでの雰囲気を失いたくなかったら表示をオフにすれば良いだけですし。そもそも雰囲気やモンハンらしさを気にしたりする人は楽しめればいいのでダメージ量なんてどうでもいい人か、効率よくモンスターを倒すために攻略サイトで弱点を調べる人ばかりだろうと思います。ダメージ量なんてどうでもいいという人は表示をオフにするだけで解決しますし、効率よく倒したいという人はなんだかんだ表示をオンにしてやっているうちに慣れるんじゃないかと。それにオンラインで足を引っ張る人も多少は減るはずなので、効率を気にする人にとってはいい仕様でしょうね。攻略サイトなんて見たくないって人も自分でダメージ量を確認して攻略法を考えることもできます。あと、ゲームを進めるにつれて与えるダメージ量が大きくなるというのRPG的仕様が好きなのは私だけですかね。


スポンサーリンク







コメント

タイトルとURLをコピーしました