この美術部は問題外『ハイスクールシミュレーター2018』その67

スポンサーリンク

これまで部活動をいくつか紹介してきました。

運動部は全て紹介したんですが、まだ文化部は紹介しきれていなかったので、今回はまだ紹介していない美術部に潜り込みます。

部活の時間になっても、美術部員たちは全く活動をするそぶりを見せない。

最初は部長をモデルにして絵を描いているのかと思ったが、よくみるとキャンバスが無い。

これが美術部の実態である。

美術部でありながら何一つ芸術を追求していない奴らに真の芸術を教えるべくうわばみは立ち上がった。

まずは、塗料の確保。ハンマーで美術部員の頭を叩くと、そこから赤い塗料が吹き出てくる。

その赤い塗料を使い、美術部の壁をキャンバスに見立てて絵を描いていく。

必要なのは爆発力。ただひたすらにキャンバスを赤く染めていく。

力が強くなる仮面をつけて、壁の向こうから生徒をトイレに流したり、ブラシで余計な塗料を消したりして、完成。

気がついたら他の部活も終わる時間に。

だが、うわばみの部活動は終わらない。

他の部活の部員たちの脳天をやりで貫き、塗料を確保すると、すっかり乾いてしまった美術部の壁を再び赤く染めていく。

納得のいく作品ができ、満足感に浸る。まるで背中に羽が生えたような気分。

そのまま空高く飛んでいきたい。

スポンサーリンク

面白いと思ったらSNSでのシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする