吸引力の変わらない、ただひとつのデッキブラシ『ハイスクールシミュレーター2018』その49

スポンサーリンク

前回の動画にて、開発者様からコメントをいただきました。

どうやら、最近追加されたフリーモードの仕様が変更となり、最初から学校の前に生徒全員が配置されているようです。

せっかくなので、やってみることに。

すると、開始直後校門に生徒たちが。

珍しく主人公が遅刻という状況となってしまいました。


最初から生徒が集まっているのを利用して、校門の前にあるcathatを装備。

生徒たちの最後尾から攻撃を浴びせていきます。

このように生徒が密集している状態とcathatは非常に相性がいいです。

ただでさえ攻撃範囲の広い最強装備なんですが、後ろから奇襲を仕掛け目撃者を最低限に減らすことで取りこぼしを極端に減らせます。

どうやら一人は取り逃がしたようですが、無事全員倒しました。しかもほとんどが校門前で倒れていましたね。なかなか楽しい。

何か検証する必要があるときはこのモードが有効ですかね?

教師の有無に関して不明。

その後、もう一度リセットして、一番小型の車に乗り、生徒を学校内で撥ねます。

生徒たちが列になって登校しているのでかなり撥ねやすいです。

みんな校内にいるので、逃げた生徒を追うのもそれなりに楽です。

サクッとプレイしたいときはこのモードがいいですね。

スポンサーリンク

面白いと思ったらSNSでのシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする