【Steamクソゲー】地獄みたいなタイトルと内容『HENTAI HELL』

スポンサーリンク

どうも、うわばみことうわばみ(@uwabamisnake)です。

今回は、Steamで購入したクソゲー臭がプンプンするゲーム、『HENTAI HELL』を実況しました。

動画↓

『HENTAI HELL』直訳すると変態地獄。

というか、直訳しなくてもSteamのアイコンに変態地獄と書かれている。

Unityで作ったと言われなくてもわかる3Dモデル(見覚えのあるアセット)。

タイトル画面にはマルチプレイを仄めかす文字。どうやら準備中らしい。

これ、マルチプレイが実装されたらどうなってしまうんでしょう。

タイトル的に、どこかしらエロティックなゲームなのかと思いきや、いざゲームを始めてみると、ただただ地獄。

ゲーム内容は以前実況したKill The EmojiのようなFPS。

そこはかとないクソゲー臭を感じ取り、steamにて衝動買い。 ゲームの内容は、タイトルの通り絵文字を殺すゲーム。武器は銃です。 ...

敵を倒して、スコアを稼ぐ。倒した数に応じて実績も解除されます。

武器はショットガンのみ。リロードは無し。一応画面に弾薬数は表示されていますが、これがなくなったら自動で復活します。弾薬数の意味。

しかも、一度ゲームオーバーになったら弾薬数そのままに復活します。弾薬数の意味。

敵の攻撃は壁や障害物をすり抜けてプレイヤーに当たります。

ライフは100ですが、敵の攻撃によるダメージは一律25なので、4回攻撃を受けたらゲームオーバーです。

明らかにクソゲーではあるんですが、残念ながらプレイしているうちにだんだんと楽しくなってくるし、コツも掴んで上達してくる。

評価できる点があるとすれば、敵を撃つたびに画面上にRAMPAGEとか表示されるので、若干テンション上がります。多分こういうゲーム、探せばあると思いますが。

この内容でフルプライスなら当然激怒案件ですが、こちらのゲーム、お値段99円(セール時59円)なので、クソゲー界隈的には遊べるだけまだ良質と言えるでしょう。

ところで、変態要素はどこへ。

スポンサーリンク

面白いと思ったらSNSでのシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする