【クソゲー】ダメジャーこと『メジャーWii パーフェクトクローザー』を実際にプレイしてみた感想(実況動画あり)

スポンサーリンク

叩くなら、やってから叩け。ということ。

ネット上の自称評論家達は自らがやりもしないゲームのことを、ネット上の評判だけでプレイした気になって、不当な評価をするということが多々あります。

しかし、プレイせずに評価をしてしまうというのは、そのゲームに対して失礼ではないかということ。ゲームの良し悪しを判断できるのは、あくまでプレイした人間のみである。

私はこの『メジャーWii パーフェクトクローザー』を実際にプレイしてみた。

その上で言う。

はっきり言ってクソゲーだと。

ダメジャーこと『メジャーWii パーフェクトクローザー』

このゲームについてはまずこちらの記事をどうぞ。問題点などがまとめられています。

皆さんはダメジャーという言葉を聞いたことがありますか? ダメジャーこと『メジャーWii パーフェクトクローザー』 漫画『MAJO...

クソゲーオブザイヤー2008、受賞作品。ダメジャーこと『メジャーWii パーフェクトクローザー』。

そのあまりの酷評っぷりは、逆にプレイしてみたくなる程だったので、いつかはやりたい、そう思いながら上記の記事を書いたのが2年前。あれから2年経った今、ようやくゲームソフトを購入し、久しぶりにWiiを起動させるに至ったわけです。

で、せっかくなので実況してみました。動画↓

主に対戦モードをプレイすることに。

ストーリーモードもあったんですが、もともと原作を見ていないとよくわからないシーンが多かったり、長くなったりしそうなので、とりあえず対戦モードをプレイ。

最初はなんとか野球できそうじゃん。と思っていました。クソゲークソゲー言われているが、まだ遊べる方なんじゃないかなと。

実際、ゲームの中では遊べる部類ではあると思う。

ただ、これが2008年発売のWiiのゲームであることを考えたらちょっと厳しい。

もちろんファミコンゲーとかと比べてしまえば流石にダメジャーといえど、技術やグラフィック的に劣ることはないんでしょうが…

これより一年前に発売していたゲーム『実況パワフルプロ野球Wii』を当時持っていたんですが、それは普通に野球ゲームとして遊べていた記憶があります。比較するとしたら、時期的にもコンセプト的にもこのゲームと比較しなきゃならない。

無能AI

このゲームをやって、まず一番最初に感じた不満点。

AIが無能すぎる。

  • 少しでも三塁方向に打球が転がろうものなら一目散に3塁のベースカバーに入るピッチャー。
  • 一塁フォースアウトで3アウトなのに無駄に二塁に送球したり、ホームでのタッチプレーをしたりするキャッチャー。

など。

草野球シミュレーターとか高校野球シミュレーターとかなら

まあ、そんなこともあるよな!

くらいでいられると思うんですけど、舞台がメジャーなのよね

ゲームだし、深く考えちゃいけないと言ってしまえばそれまでだけど。

ちなみにキャッチャーはAIが無能なだけで、やたら守備範囲が広かったりするので、野手の中では基本有能です。

全体的に詰めが甘い

どう表現しようか、少し悩んだんですけど、詰めが甘いという表現が一番しっくりきました。

具体的には、

  • セカンドがフライを捕球しようとした際に、ボールが明らかに足元の方に行っているにも関わらず、次の瞬間にはがっちりと捕球、アウトになる。
  • ボールを捉えきれていないはずなのに、ホームランになる。
  • バットに当たってないのにファウルになる。
  • ピッチャーが落球したはずなのに、アウト。ちなみにそのあとセカンドが落ちたボールを拾っていた。

など。

これまたゲームなんだから粗くらいあるよ、と言ってしまえばそれまでなんですが、バッティングの引き出しが少ないというか…。このゲームのバッティングはストライクゾーン9分割で、そのうちの一つを選択してバットを振るといった感じになってます。(ピッチングも同じ。)パワプロのカーソルがストライクゾーン内外をある程度自由に動かせるものだとしたら、ダメジャーのカーソルはその9分割しかないんです。

しかも、カーソルは自動で移動するので、タイミング良くバットを振るだけでいいんですね。

多分ボタン操作よりWiiリモコンを振って操作するというのに力を入れていたから、そうなったんだとは思います。

ピッチングについては特にいうことは無いです。変化球の変化をあまり感じなかったのと、ピッチャーのコントロールが良すぎるのと、ジャイロボールが使える茂野吾郎一強なのでは?と思った程度。結構ありましたね。

変化球、球自体は変化しますが、指定したゾーンにがっつり投げ込めるので、どういう軌道を描いているのかイメージしにくいです。

あくまで感覚としてはほとんど速さしか違わない感じ。もうチェンジアップとストレートだけでいいよ。(実際はスライダーを使いまくりましたが。)

やっとプレイできた

このゲーム、キングオブクソオブクソということは聞いていたから、前から興味はあった。

けれどなかなか手が出なかったというところで、特にきっかけはなかったが、ふとAmazonさんで注文。実際にプレイするに至りました。

やはり、前評判通りのクソゲーでした。

でも、どこか心が豊かになったような、クソゲーとは不思議なものですね。

スポンサーリンク

面白いと思ったらSNSでのシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする