【クソゲー】クソすぎて伝説と化した野球ゲーム『ダメジャー』

スポンサーリンク

皆さんはダメジャーという言葉を聞いたことがありますか?

ダメジャーこと『メジャーWii パーフェクトクローザー』

漫画『MAJOR』のアニメ化作品『メジャー』を原作として2008年12月11日に発売された、ゲーム化作品第三弾。

公式サイト曰く『追求したのは、本格野球ゲーム』

本来、ダメジャーは前作の『メジャーWii 投げろ!ジャイロボール!!』を指すが、現在では、

ダメジャー=『メジャーWii パーフェクトクローザー』

で浸透している。

そのほか、『パーフェクトにクソ』であることから、『パーフェクトクソーザー』、海外では『クレイジーベースボール』と呼ばれることもあるらしいです。

クレイジーベースボールて…。

ゲームの特徴

まともに野球ができない。

公式サイト曰く『追求したのは、本格野球ゲーム』であるはずだが、AIの行動がおかしいだけでなく、ゲーム内の野球のルールすら杜撰。

例を挙げると

  • タッチアップが無い。
  • インフィールドフライも無い。
  • フォースアウトが機能していないため、3アウトになる前に帰塁すれば点が入る。
  • フライをキャッチされても帰塁義務がない。
  • そのため、ランナーが一塁にいる状態でバッターがフライでアウトになった時に二塁へ投げると、一塁ランナーがアウトになる。
  • 盗塁死するとボールカウントがリセットされる。
  • 盗塁死で3アウトになった場合、バッターが凡退扱いとなり、次の回はNEXTバッターからの攻撃となる。
  • 3バント失敗でもアウトにならない。
  • ファールゾーンのフェンスに当たってからフェアグラウンドに転がるとフェアになる

※インフィールドフライやタッチアップは、ファミコン時代なら未実装のものもありますが、2008年のwiiのゲームです。

ストーリーモードは原作に忠実だが、再現度は低い。
  • 原作を読んでいないとわからないシーンが多い。
  • 会話シーンでキャラクターの台詞と表情が一致していない時がある。
  • ストーリーの最後の試合では、サヨナラ負けをしたはずなのに延長戦に突入し、優勝したことになる。
  • これは、原作が延長戦の末勝利というシナリオだったため、それを尊重しすぎたため、一つのシナリオしか用意していなかったことが原因。
  • 残念ながらサヨナラ負けをした時のシナリオは用意できなかった模様。
粗末なAI

AIが残念。

例を挙げると

  • 守備はオートしかない。
  • にもかかわらずAIが無能。
  • どう見ても間に合わないフェンス直撃ヒットにフェンスまでぶつかっていき、跳ね返った球を拾いに行く外野。
  • クッションボールの処理が全くできない。
  • 2アウト一塁で内野ゴロを打つと、明らかに二塁が間に合わないのに二塁に投げる。
  • 自分の守備範囲外に球が行った瞬間にこれまでの動作をピタッとやめる。
  • そのくせキャッチャーのAIはやたら有能で、バントをすぐに処理したり、ファースト、サードの守備範囲ほぼ全域を一人でカバーしている。
  • 走塁関係も無能。
  • 2アウトランナー一塁の時、明らかなセンター前ヒットなのにランナーが走っていない。
  • 勝手に盗塁して失敗する。

その他
  • キャラクターのポリゴンが64レベル。
  • 見た目は木製のバットを使っているのに、音が金属バット。
  • バットが伸びたり消えたりする。
  • 試合中、ベンチに誰もいない。
  • 説明書に「十字(じょうじ)」「決(けつ)める」等の誤字多数。
  • プログラマー3人で製作。

伝説のバグ

このゲームを一躍有名にした代表的なバグ。

なぜか後ろを向く球審とバッター。

この謎の打法は宇宙打法と名付けられている。

首が真後ろを向くバグ。

今でこそ笑えるクソゲーではありますが、このゲームのタチが悪いところは、原作が人気であったために、それなりに売れてしまったという点と、メーカーに作品愛が無いという点。怒りを炸裂させた原作ファンも多かったみたいです。

もともとキャラゲー(原作付きのゲーム)はクソゲーが多いジャンルですが、その中でもトップレベルのクソゲー。

キャラゲー=クソゲー? ここでのキャラゲーは、漫画、アニメ、映画、小説などのゲームではない原作が存在するゲームとします。 キャラゲー...

それどころか、ジャンルの枠を超えて、全wiiディスクソフト最低のクソゲーとまで言われています。

実際にプレイした友人曰く『本当につまらないし時間がめっちゃかかる』そうです。その後、そのソフトを売ったのか捨てたのかは不明。

10年に一度レベルに匹敵すると言われているこのダメジャーですが、もうすぐ発売から10年です。

これに匹敵するクソゲーは今後現れるのでしょうか?

スポンサーリンク

面白いと思ったらSNSでのシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする