カオスヘッド、梨深ルート感想

スポンサーリンク

とんでもねえバッドエンドの七海ルートの次は梨深ルートをプレイ。

以下、ネタバレあり。

磔事件でなんで梨海が血塗れで現場にいたのかがこのルートで判明。

梨深が現場にいたのは拓巳を事件から遠ざけるためで、血塗れなのは妄想。

いつものセナが拓巳を殺そうとする場面で、梨深がセナと梢を殺してしまい、そのショックで梨深が幼児退行します。

その後、拓巳が世話をしているとサードメルトが起きて、拓巳は梨深の心象世界にダイブ。

梨深の過去を見ることに。

梨深は幼い頃、家族旅行の最中で事故に遭い、両親を失い、搬送先の病院で野呂瀬によって3年間拷問を受け、本人は死亡扱い。

ヒロインは大体みんなやべえ過去を背負ってます。結構きつい回想シーンです。

そして拓巳が無意識に力を使って、なんやかんやで梨深を目覚めさせることに成功。

そして無事主人公交代。

ここから完全に梨深が主人公になります。

七海と拓巳を守る決意を固めた梨深は、単独で野呂瀬のもとに向かい、戦いを挑みます。

で、勝ちます。

でも死にます。

拓巳が死んだ梨深を探しに行くところでED

今回もめちゃくちゃ明るい曲でED

だいぶ適当なあらすじですが、こんな感じです。

最終決戦の梨深は本当にかっこよかった。

しっかり主人公してました。

このルートにおける拓巳はヒロインみたいな感じでした。

それでもやっぱりバッドエンド。

個別ルートつらいわ。

スポンサーリンク

面白いと思ったらSNSでのシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする