最近のキャラゲーはクオリティが高すぎて=クソゲーじゃなくなってるのでは?

スポンサーリンク

キャラゲー=クソゲー?

ここでのキャラゲーは、漫画、アニメ、映画、小説などのゲームではない原作が存在するゲームとします。

キャラゲーは、原作のゲーム化をそもそものセールスポイントとしているため、ゲームの面白さは二の次だったり、手抜きが目立ったりしているゲームも多いということで、キャラゲー=クソゲーと揶揄されたりしています。

例としては、FC版北斗の拳やダメジャー(メジャーwiiパーフェクトクローザー)が挙げられます。

皆さんはダメジャーという言葉を聞いたことがありますか? ダメジャーこと『メジャーWii パーフェクトクローザー』 漫画『MAJO...

成功例もある

キャラゲーにも成功例はあります。

古いものだとテクモ版のキャプテン翼シリーズなど。

Live 2Dが初めてゲームで用いられた俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルだってあります。

最近のキャラゲー事情

最近のキャラゲーにも評価が高いものはあります。

ソードアートオンラインシリーズはアクションゲームとしての評価が高いです。

評価が高いキャラゲーは、『原作をプレイしていなくても楽しめるもの』というのは今も昔も変わりません。

前述した俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルも単体だけで楽しめましたし、ソードアートオンラインシリーズはやったことはありませんが、単体だけでも楽しめるという話は聞いたことがあります。

キャラゲーといえばジャンルはアドベンチャーゲーム(いわゆるギャルゲー)が多いです。理由としては原作ファン向けに作るゲームなので制作が他のジャンルと比べて簡単であるアドベンチャーゲームを作る方が楽だからというのが主でしょう。そもそも原作が他ジャンルのゲームにし辛いということもあります。

なので、アドベンチャーゲーム以外のジャンルのキャラゲーは最低でも『キャラゲーにしては面白い』という評価になることがあります。よほど酷いバグ、調整不足、悪質なDLC商法などがなければ

最近のキャラゲーの話をするためにはスマホゲーの話もしなくてはなりません。

各所でも言われていることですが、近年のスマートフォンの普及により、ゲーム自体、家庭用ゲーム機ではなくスマートフォンでプレイされるようになっています。つまり、日本で一番売れているゲーム機はスマホというわけです。

最近はキャラゲーもスマホに流れてきています。家庭用ゲーム機で出せるレベルのキャラゲーというのは、ある程度質が高いということではないかな、と思います。

つまり、最近はキャラゲーだからといって=クソゲーとは言えないようになっていると思うし、今冬発売のPS4のガルパンが楽しみということです。

スポンサーリンク

面白いと思ったらSNSでのシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする