YouTubeでエ◯ゲを紹介する動画が無事収益化された件。

スポンサーリンク

どうも、うわばみ(@uwabamisnake)です。

いつもはゲーム実況動画をYouTubeに投稿しているのですが、8月に入ってキッズ達は夏休みアンド社会人の兄貴達は盆休みということで、動画の視聴回数がいつもの平日よりも多くなっているわけです。

せっかくなので、いつも通り動画を投稿する傍ら、趣味色を前面に出した動画を投稿して行こうと思い、能面をつけてあれこれやっております。

で、最近Amazonにて、CROSS†CHANNEL -FINAL COMPLETE-というエロゲを注文しまして、それが手元に届いたということで、紹介動画でも撮ろうかなと。別にドスケベなゲームというわけでもないし、シナリオメインで購入したので、それ系のCGやら何やらを出さない限りはYouTubeのガイドラインに違反しないので、無問題(別に実況するってわけでもないし)。

とはいえ、画面にエロゲを晒すわけですし、黄色いあいつが出てきてもしゃーないくらいの思いで、一応収益化させておくことにしました。

しかし、ちょうど動画が公開される頃。

(※収益化できず)

は?

ガイドラインには何も違反してねえだろ!?(手のひら返し)

覚悟はしていても、いざ黄色いあいつが目に入ると、苛立って仕方がないわけです。

というわけで、私はYouTubeに異議申し立てを行うことにしました。

一番最初の収益化の有無は機械で判定されます。異議申し立てを行うと、YouTube側が手動で審査をして、何も問題がなければ収益化されます。

ちなみに、こういう時はゴネ得です。

メリット1、収益化が通る可能性がある。

メリット2、収益化の基準が再確認できる。

メリット3、YouTube側に余計な仕事を増やせる。

ちなみに、今の所、手動審査済みで収益化を通らなかった動画もありますが、コミュニティガイドライン違反のステータスには何の異常もありません。マジでゴネ得。

そして、1日後(クソ早い)

YouTube『朗報や!問題なかったから収益化しといたで^^』

ええんか…。

ええんか…。

タイトルに伏字ありとはいえ、アダルトゲームを紹介しているのに収益化、それもあっさり。

まあ、何も悪いことはしていないので、当然なんですが…。何で?君ら基本こういうの厳しかったじゃん。

というわけで、収益化、無事通りました。ゲーム画面を出さず、紹介するだけの動画ならお咎めなしです。これでエロゲーマー系YouTuberも安心して活動できますね

(ぶっちゃけ、私、YouTubeの手動審査をあまり信用してないんですよね…1週間以内に1000再生超えた動画のみ審査と言われてますが、この動画、別に1000再生超えてませんし…。実は全部機械なんじゃないかなって思ってます。YouTubeには中の人なんておらず、すべて機械で管r

スポンサーリンク

面白いと思ったらSNSでのシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする